環境報告書2018 敦賀セメント株式会社
9/30

会社紹介(概要、沿革)方針(経営基本方針、行動指針、環境方針)環境会計・環境投融資環境負荷の全体像環境パフォーマンスセメント産業と環境への関わりEnvironmental Report 2018コミュニケーション活動、その他環境への関わり環境マネジメント(推進組織図、認証取得、環境目標と実績)7主要な環境パフォーマンス指標の推移環境に関する規制等の順守状況  当社の事業活動に関わる主要な環境パフォーマンス指標の推移は下表のとおりです。 なお表中のデータは全て敦賀セメント単体のデータであり、グループ会社は含みません。 環境マネジメントシステムにおいて、各部門の環境に関する規制等の順守評価を定期的に行い、内部環境監査で順守状況のチェックを行っています。報告対象期間本報告書の掲載頁2016年度P10、P12P10P10P10P10P10P10P10、P12 P11、P12P11P11P11P11P11、P15P11、P15P3、P11P3、P11P11P11P11P11P11P11P11、P14P2、P3P163,097783,49858,288120,80957,23728,02336,799872,485564,0791.6368580.0714.570513,701148,03440,805257,18044,60954,34441,1577,098743,0545,2319,2743,263858,52461,903114,08184,18926,43135,785700,249603,2281.5432890.0523.560535,162217,18755,283267,08546,39952,46947,9295,286568,0325,9169,8072017年度3,260860,86063,631111,52871,03726,73633,939693,671609,1803.7469780.0433.170572,907168,63953,973275,20748,68247,89452,8567,128561,0335,6739,3132015度総エネルギー投入量[千GJ]総排水量[m3]売上高[百万円]環境効率指標[売上高円/t-CO2]物質投入量[t]水資源投入量[m3]CO2排出量[t-CO2]大気への放出廃棄物[t]生産量[t]石灰石石炭石炭灰高炉スラグ下水汚泥リサイクル燃料 *1製品生産SOx[t]NOx[t]ばいじん[t]ダイオキシン類[g-TEQ]廃棄物排出量最終処分量セメント地盤改良材石灰石関連製品ポルトランドセメント混合セメントシリカタンカル無水石膏その他*1 リサイクル燃料には再生油、廃タイヤ、廃プラスチック類などが含まれます。■環境に関する特記事項● 排ガス測定の結果は全て規制値をクリアしています。● 2001年7月に経済産業省の「循環型社会構築に向けたセメント産業の役割を検討する会」で示された「2010年度におけるセメント1t当たりに占める産業廃棄物などの使用量の努力目標値400kg」を2003年度に達成しています。● 2007年1月、「廃プラスチック類」、「紙くず」、「木くず」、「繊維くず」の処分業の許可を取得しました。● 2008年3月、日本政策投資銀行の「環境配慮型経営促進事業」制度に基づき『先進的企業』と認定されました。● 2009年11月、「金属くず」、「ガラスくず、コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く)及び陶磁器くず」、「がれき類」の処分業の許可を取得しました。● 2010年6月、ASR(自動車シュレッダーダスト)の大臣認定を受けました。● 2011年6月、「廃酸」、「廃アルカリ」の処分業の許可を取得しました。● 2012年12月、ASR広域処理を開始しました。● 2012~2017年、政策投資銀行環境格付を6年連続で取得しました。● 2014年11月、産業廃棄物許可証の事業区分に「混合・乾燥・焼却」を追加しました。

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る