環境報告書2018 敦賀セメント株式会社
24/30

22Environmental Report 2018会社紹介(概要、沿革)方針(経営基本方針、行動指針、環境方針)環境マネジメント(推進組織図、認証取得、環境目標と実績)環境会計・環境投融資環境負荷の全体像環境パフォーマンスコミュニケーション活動、その他環境への関わりセメント産業と環境への関わり廃棄物・副産物の利用拡大 2017年度にセメント原燃料として受入・使用した廃棄物・副産物の総量は371,797トンであり、高炉セメント生産量が2016年度より減少したことにより、高炉スラグの使用量減が大きく、前年度に比べ8,627トン減少しました。原単位につきましても、489.9kg/t-セメントと前年度に比べ4.4kg/t-セメント減少しています。 化石燃料使用量削減のため、リサイクル燃料の利用拡大に取り組んでいますが、2017年度は、燃料代替率は28.3%でした。今後も燃料代替率32%以上を目標に、新規物件にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。セメント事業における廃棄物・副産物使用量 種類主な用途高炉スラグ原料、混合材石炭灰原料、混合材汚泥、スラッジ原料副産石膏原料(添加材)建設発生土原料非鉄鉱滓原料燃えがら(石炭灰は除く)ばいじん、ダスト原料、熱エネルギー鋳物砂原料製鋼スラグ原料廃プラスチック熱エネルギー再生油熱エネルギー廃タイヤ原料、熱エネルギーその他(動植物性残渣他)原料合計うち 原料系セメント生産量うち 燃料系原単位(kg/t-セメント)廃アルカリ熱エネルギー使用量(t)2016年度84,189120,77162,63029,4738478,9635,9501,4139,8456,23220,5845,66922,5521,307380,424325,38755,037752,349494.32017年度71,037115,59265,62528,1315,11710,3065,1071,41512,2365,25821,2744,30525,602794371,797315,35856,439741,546489.92015年度57,237125,06065,70324,9937,1595,8612,7108,6296,71120,4084,98526,3051,288357,050298,64158,409661,735504.6熱量合計(GJ)リサイクル熱量(GJ)燃料代替率(%)2015年度2,291,279738,26232.22016年度2,382,692731,79830.72017年度2,361,453667,31828.3

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る