環境報告書2018 敦賀セメント株式会社
18/30

16Environmental Report 2018会社紹介(概要、沿革)方針(経営基本方針、行動指針、環境方針)環境マネジメント(推進組織図、認証取得、環境目標と実績)環境会計・環境投融資環境負荷の全体像セメント産業と環境への関わりコミュニケーション活動、その他環境への関わり環境パフォーマンス重要業績評価指標環境苦情・情報・指摘環境効率指標 セメント事業活動の重要業績評価指標(KPI)として、下表の6項目を選定、目標を設定し活動しています。 2017年度に寄せられた環境情報は0件でした。 異臭の情報に関しては、2015年度は2件の情報がありましたが、2016年度以降は異臭の情報は寄せられていません。異臭の発生に繋がる恐れのある廃棄物の処理方法の見直しの実施、また定期的に実施している従業員の工場周辺の環境パトロールによる監視の効果と思われます。 今後も環境苦情・情報・指摘には誠意を持って対応し、改善に努めていきます。15129630年度件数*1.8333151620170 事業活動に環境負荷を示す指標として、事業全体の環境効率を示す環境効率指標を取り入れています。 環境効率は、 環境効率=[経済価値]/[環境負荷]で表される、環境と経済両面の効率性を示す指標です。 2015~2017年度の売上高とCO2排出量は表のとおりです。また、環境効率 (=売上高/CO2排出量)は、2016年度と比べると減少しており、ほぼ2015年度並みとなっています。混合セメント生産量の低下、電気事業者のCO2排出係数の増加による電力由来のCO2排出量の増加が要因です。※1)環境効率指標に採用する分子・分母には様々な指標が可能ですが、ここでは、売上高を分子に、CO2排出量を分母としています。※2)CO2排出量は、事業活動において消費する電気を含むエネルギーの使用により発生するCO2とセメント製造工程において石灰石より発生するCO2の合計量です。年度環境効率(円/t-CO2)11,0007,0007,5008,0008,5009,0009,50010,00010,500売上高(百万円)CO2排出量(t-CO2)2015年度5,231564,0792016年度5,916603,2282017年度5,673609,18015169,2749,807179,313*0.0096042015実績1210.060.0373,40571432.22017目標≦250≦1≦0.06≦3,230≦680≧32.0≦250≦1≦0.06≦3,230≦680≧32.02017実績2018目標1500.030.0493,31770328.32016実績1320.060.0563,23368630.7排ガス中ガス成分濃度NOxSOxばいじんエネルギー使用原単位CO2排出原単位燃料代替率ppmNm3/hg/Nm3MJ/tcemkg/tcem%

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る