環境報告書2018 敦賀セメント株式会社
17/30

会社紹介(概要、沿革)方針(経営基本方針、行動指針、環境方針)環境マネジメント(推進組織図、認証取得、環境目標と実績)環境会計・環境投融資環境負荷の全体像セメント産業と環境への関わり15Environmental Report 2018コミュニケーション活動、その他環境への関わり環境パフォーマンスPCB廃棄物の管理種  類廃プラスチック類金属くず木くず外部処理委託量 合計うち最終処分量廃油汚泥ガラスくず、コンクリートくず陶磁器くず2015年度2016年度7.54 t6.09 t14,57 t0.00 t0.94 t16.94 t9.07 t27,57 t0.00 t0.39 t0 t1,17 t2017年度10.00 t13.31t33.17 t0.00 t1.04 t0.80 t0 t0 t8.02 t廃棄物等の排出 当社が外部へ処理を委託した廃棄物とその量は表のとおりです。 2017年度の外部処理委託量は33.17tでした。木くずの処理は主に廃パレットであり、再生ボードの原料として有効にリサイクルされています。 今後も、廃棄物の発生量の低減に努めていきます。 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」の適応を受けているPCB廃棄物は下表のとおりであり、適正な保管を行なっています。使用中保管中合計29 1 0 0 0302114102750241057トランス開閉器リアクトルコンデンサ安定器合計(注)2018年3月31日現在単位:個数又は台数環境事故 2014年度の重油漏洩事故発生以降は、環境事故はありません。 前回の事故後、是正処置を行い、漏洩した重油の拡散を防ぐためのオイルフェンスを常設した他、運転監視画面の改造による運転監視強化等を実施しています。

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る