環境報告書2018 敦賀セメント株式会社
11/30

会社紹介(概要、沿革)方針(経営基本方針、行動指針、環境方針)環境マネジメント(推進組織図、認証取得、環境目標と実績)環境負荷の全体像環境パフォーマンスセメント産業と環境への関わりEnvironmental Report 2018コミュニケーション活動、その他環境への関わり環境会計・環境投融資出荷系バグフィルターの更新:環境改善 出荷タンク及び船積設備の集塵を行うバグフィルターの更新工事を行いました。 老朽化により能力の低下していた集塵機を更新し、健康度が回復。発塵による環境への影響の低減に努めています。9環境負荷低減への設備投資銀行の環境格付に基づく融資 可燃性汚泥処理設備の増設:産業廃棄物処理の拡大 2018年3月に、可燃性汚泥の処理設備を増設しました。 可燃性汚泥は化石燃料の代替として使用可能であり、天然資源の使用量の削減、及び温室効果ガスの排出抑制に繋がります。 株式会社日本政策投資銀行(DBJ)様より、当社の環境経営が高く評価され、6年連続で「DBJ環境格付」を取得しました。「DBJ環境格付」の評価基準は、業界動向等を踏まえ毎年見直しされている中で、6年連続の取得は、北陸地区において当社が初めての事例であり、当社の継続的かつ先進的な活動が評価されています。http://www.dbj.jp/ja/topics/dbj_news/2017/html/0000029518.html

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る